ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > カフェ > Takeさんの韓国サラリーマン雑感

   映画「外出(四月の雪)」   
Takeさんです。

皆さん、アンニョンハセヨ!!

今日は秋夕(チュソク)です。今回はどこにも出かけずに自宅でのんびり過ごしています(おかげでメルマガを打つ手もはかどります)。昨晩までの集中豪雨もようやく納まってくれました。今晩は中秋の名月が見れるでしょうか?
今回は久しぶりのヨン様特集です。まあ、ヨン様にあまり関心の無い方もさらりと読み流してくださいネ。


■本日のサラリーマン日記  映画「外出(四月の雪)」

秋夕(チュソク)の3連休の初日、TVニュースではいつものように高速道路の大渋滞が報道される中、自宅近くにある上岩CGV映画館にてヨン様主演の「外出(四月の雪)」を見てきました。この映画館はワールドカップ競技場の中にあり、座席が少ない代わりに画面が大きく音響設備がしっかりしている事で有名です。
日本では韓国よりも少し遅れて17日に公開されたと聞ています。ストーリーや見所などはその手のホームページにお任せすることにして、私なりの感想を述べたいと思います。

日本語公式サイト
http://www.aprilsnow.jp/top.html

韓国語公式サイト
http://www.april-snow.co.kr/index.htm

まず映画を見る前に気になっていたのが、日本と韓国での題名の違いでした。
「外出」と「四月の雪」、、、、なぜ同じ映画なのに題名が異なるのか?

日本では公式サイトにあるように「どんなに舞い降りても積もることのない四月雪のようなはかない恋」を強調しているのに対して、韓国では決して許される事のない「不倫の恋」という捕らえ方をしているのではないかと勝手に思ったりしています。

韓国では浮気の事を「外道(ウェド)」と表現します。読んで分かるように人としての道を外れるという意味です。結婚式とかでも神父さんが「外道しなように」何て言っていた事を思出しました。

この外道と外出を似たようなニュアンスで表現したのではないか?(まあ、これは私の個人的な解釈ですから気にしないでくださいネ)

ここ数年、開放的になってきた韓国社会ですが、日本に比べたらまだまだ浮気や不倫に対する社会的倫理観は厳しいものがあります。

日本でも80年代に不倫をテーマにしたドラマや映画が出てきたと記憶しているのですが、韓国でもその過渡期にあるような気がします。

今回の映画においても結果的には不倫の恋、この世の社会倫理では認められる事のできない恋を描いているわけですが、日本のドロドロした不倫ドラマとは少し次元が異なるような気がします。

不倫をする場合は大抵は自分の寂しさを紛らわすため、言わば自己中心的な動機が大半を占めるわけですが、この「外出」では同じ境遇に落ちた相手の事を思う気持ちから、お互いに引かれていくというストーリーです。

そして今回のヨン様は一味違います。

今までのヨン様は若くして成功した会社の理事や貴族のような立場が多かったように思えますが、今回はありきたりな日常を普通に生きる男性を見事に演出していて、今でのイメージを大きく変えるものだと思います。

私自身も結婚して家庭を持っている立場から、主人公「インス」の言葉に表す事ができないその気持ちを理解することができ、今回は男性諸君もヨン様を身近に感じる事ができるのではないでしょうか?(日本では冬ソナ離婚というのがあると聞きましたが、その怒りを静める効果があるのでは、、、?)

とにかく、セリフが多くない分、その悔しさや憤慨やるかたない気持ちを表現する演技力はとても評価できると思っています。

あと、これは余計な事かもしれませんがヨン様を見ていると私の妻の弟をいつも思い出します。年齢も身長も同じくらいという事もありますが、性格的にとてもまじめで謙虚でありながら、自分の世界が強いので他人が深く入っていく事を嫌うタイプなのです。

素顔のヨン様はどうなのかよくわかりませんが、私にはなぜかダブってしまうのです。最初の頃はお互いに打ち解けるまでとても時間のかかった事を今でもよく覚えています。

それにしてもヨン様の発音はとても聞き取りやすいし、今回の映画では言葉のテンポもスローなので韓国語学習の教材には向いているな〜、、、なんて一人考えていました。(映画を見ていてこんな事を考えているのは、おそらく私くらいでしょう)

韓国での評価に関して気になる方もいると思いますが、以下のサイトが参考になるかもしれません。

http://kr.movies.yahoo.com/Community/Netizen_Review/review_list.php?s_field=1&s_key=%BF%DC%C3%E2&s_movieid=9302&s_sortfield=1

韓国語なのでそのままでは理解できませんよね。翻訳サイトとかを利用してください。

http://ocn.amikai.com/amitext/indexUTF8.jsp

日本では無条件にヨン様の映画と言うことで注目を浴びる傾向があるかもしれませんが、韓国ではまた違った評価があるようです。

個人的にはヨン様の活躍を期待しているし、日本と韓国が今まで以上に理解できる橋渡しになって頂きたいと願っております。ヨン様 ファイティ〜ン!!


■編集後記

ここまで読んで下さり有難うございました。

今回、利用した上岩CGV映画館はソウルの中心部から少し離れています。しかし、映画が終わった後に後ろの方でひそひそ話をしている3人組のオバ様方が居たのですが、私が見る限り日本人のようでした。こんなところまで出張に来くるのか!! という思いが内心走りました。
一声かけようかとも思いましたが、こんな所でいきなり日本人中年アジョシに会うとビックリしてしまうと思い、そっとしておきました。(日本語字幕は無いのですが皆さん、理解できたのかなぁ〜、、、?)

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Takeさんていったいどんな人だろう? 気になったらここをクリック!!
http://www.geocities.jp/korea_faq/
バックナンバーを見たい方はこちら http://www.mag2.com/m/0000138478.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戻る
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:Takeさん  投稿日:2005-10-08 17:15:38  [修正]  [削除]
確かに日本で成功しているヨンジュンさんに嫉妬のようなものはあると思います。作品そのものよりも日本でのフィーバーぶりを強調しています。他の方々も負けずに頑張れば良いのですがね。
投稿者:ベルk  投稿日:2005-10-07 18:36:09  [修正]  [削除]
数少ない男性からの感想、嬉しく拝見しました、感激です。今、ヨンジュンssi公式ペ―ジでは、韓国の一部マスコミに、彼に対し、バッシングあると、嘆いている方がたくさんいます。本当でしょうか?
投稿者:Takeさん  投稿日:2005-10-04 09:32:11  [修正]  [削除]
annさんレス有難うございます。ご存知の方も多いと思いますが、韓国では9月で上映が終わってしまいました。寂しいですね、、、ヨン様もめげずに頑張ってもらいたいです。
投稿者:ann  投稿日:2005-10-01 08:42:24  [修正]  [削除]
同じ感想うをもったのでうれしかったです。夫と2人でいったのですが、夫もヨンジュンさんが違って見えたといっていました。言葉はすくなくても悲しみ苦しみが伝わり男の弱さも感じ、共感できたそうです。
投稿者:Takeさん  投稿日:2005-09-20 22:29:30  [修正]  [削除]
ヨン様は日本で人気が出る以前からTVドラマ等で我知らず見ていましたが、若い頃に比べて演技も上手になってきたと思います。あくまでも素人の感想ですがね。次回は日韓合同の映画でも出て欲しいですね
    1 2   最後
Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved